Mission

世界経済のボーダーレス化と拡大が進む中、1300兆円を超える政府セクターの膨大な財政赤字を抱え、人口の純減と少子高齢化が急速に進む我が国が、今後も国際競争力を維持し、世界の一角を占め続けることが出来るかどうかは、国際的に高いポテンシャルを有する科学技術に基づく産業創生を産学官が一体となって強力に推進することが出来るか否かに掛かっている。今後はIOT、AI、センシング等の技術革新が進む中、環境、エネルギー、自動車、農林水産業、医療・ヘルスケア、金融、保険等、巨大産業の融合とビジネスモデルの革新が大きく進むが、世界のパートナーと正しい戦略で互恵関係を築き、真にグローバルな競争優位性のある新産業・事業を育成・強化してゆかねばならない。

当社はこのような認識のもと、「競争優位性のある優れた科学技術・知的財産権・ビジネスモデルに依拠したビジネス創出」と「ビジネス・パートナーとの戦略的互恵関係の形成」の2つを通じ、我が国の国富創生と地球環境の維持・改善に貢献していくことをそのミッションとする。

Vision

企業を取り巻く10の環境変化 ~ARKの視点~

以下10の大きなうねりが進む中で、ビジネスモデルの在り方や社風、企業DNA等についても残すべきものは残しつつ大胆に変革すべきものは変革する覚悟と不退転の実行が必要。特に、外部連携の在り方を多様化/強化することによって、事業創出の加速化・効率化とビジネスモデルのイノベーションを図ることが必要な時代となりつつある。

  • 1. 主要産業の融合
  • 2. 第二次ICT革命
  • 3. 医療・ヘルスケア産業の変化
  • 4. エネルギー環境の大変革
  • 5. 地球温暖化
  • 6. 破壊的イノベーション
  • 7. 日本の政治経済環境の大変化
  • 8. グローバリゼーション産業の変化(新興国の台頭)
  • 9. プロダクト・ライフサイクルの短縮化
  • 10. 技術の高度化・複雑化

TOPへ